【速報】ピコ太郎さん、知らないオッサンにPPAPの商標権を奪われる・・・

 

 

 

ちょっと滅茶苦茶言い過ぎ・・・(;´・ω・)

 

 

 

PPAPで世界的に有名な

 

ピコ太郎さん。

 

 

彼一人で作曲したこの曲が、

 

 

 

謎の人物によって、PPAPの権利が

 

 

奪われようとしていた・・・!?:(;゙゚”ω゚”):

 

 

 

それがこちら

 

 

 

ピコ太郎の世界的ヒット曲「PPAP」の

商標権を勝手に取得しようとしている人物がいる。

ベストライセンス株式会社の上田育弘代表を直撃した。

 

以前より、

上田育弘という人物は

傍若無人なことをしていると有名だった。

 


 

 

とにかく流行りの言葉に商標出願を出しまくり。

「じぇじぇ」「民進党」「STAP細胞はあります」など

注目のキーワードを先に押さえることで権利を横取りしようとしていたのだ。

上田育弘氏は元弁理士で

権利関係の知識が豊富にあることからこのような

権利ビジネスを展開していた。

 

 

常識的に考えれば一切関わりのない

言葉まで第三者が権利を得ようとするのは

あまりにも卑怯。

ネット上ではじわじわと批判の声が高まっていた。

上田育弘氏はメディアの直撃取材に対して、

「あくまで権利は自分にあるのでピコ太郎が許可なく

PPAPを歌うと損害賠償請求の対象になる」と強気の姿勢を崩さない。

 




 

「エイベックスもPPAPの商標登録を出願したが、

自分のほうが9日早かったので勝ち。

エイベックスにライセンスを売ることも考えている。

エイベックスはもっと早く出願すべきだったのに私が勝っている状態。

私の商標権を無視してビジネス展開すると損害賠償請求の対象になる」

全文はこちら:http://netgeek.biz/archives/91388

 

 

 

いやいや・・・(;´・ω・)

 

 

誰がどう見ても

 

 

お前メチャクチャ言い過ぎだろ(;^ω^)

 

 

 

 

これを見たユーザーの反応・・・

 

『実態がないんだから出願しても無理だろ・・・』

『これ通らなかったら最高にアホじゃん』

『だれか「上田育弘」を商標出願すればいんじゃない?』

『なにいってだこいつ』

『これで通ったらすごいけどなw』

 

 

 

人が1から作ったものを完全に横取りしようなんて

 

まさに外道(;´・ω・)

 







この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL