【トイレの怖い話】 落書き

 

これは友達が体験した話。

 

ある晩、彼は会社の同僚と酒を飲んで帰り、

 

公園のトイレに入ったらしい。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-23

 

そのトイレは、よくある和式のやつで

 

壁は卑猥な落書きだらけで、

 

タバコの吸い殻や雑誌などで

 

ゴミだらけだったようだ。

 

その時、ふと1つの落書きが目に入った。

 

『この女の・・・』

 

後半は誰かがこすって消したようで読み取ることができなかった。

 

そして、その下に電話番号が書かれていた。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-24

 

こんな落書きでも電話する奴多いだろうから、

 

迷惑電話とか酷いだろうな。

 

と思った瞬間、

 

自分の携帯が鳴ったそうだ。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-25

 

着信番号には見覚えがない。

 

・・・? この番号。

 

見覚えがある。

 

それに気づいた途端に、彼の全身に鳥肌が立った。

 

この落書きの番号がディスプレイに映っていた。

 

彼は慌ててトイレを飛び出した。

 

電話には出なかったらしい。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-26

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-4






この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL