【驚愕】スイスの山村で現れた猫は神の使い?

初めて訪れる外国で道に迷うと

 

不安になりますよね。

特にそれが、周りに誰もいない

 

 

 

田舎道だったりすると

 

 

 

 

『もう二度と帰れない』。。。

 

 

 

と思うかもしれません。

 

 

 

 

 

そんな不安な状況に陥った人が

 

 

 

まるで山の神様の使いのような存在に

 

 

 

助けられたのが話題を呼んでいます。

 

 

それは2013年、アメリカ在住ハンガリー人の

 

 

 

ある男性が23歳の時の出来事です。

 

 

 

 

春の休暇を利用して故郷に里帰りした時、

 

 

 

 

バックパッカーとして約1か月の欧州旅行に

 

 

 

出たその男性は4月に

 

 

 

スイスに立ち寄りました。

 

 

 

 

 

中部のギンメルヴァルトという

 

 

 

アイガー、メンヒ、ユングフラウなどの

 

 

 

有名なアルプス山脈の山々に近い

 

 

 

場所でハイキングに出かけた彼は

 

 

 

ちょっとしたトラブルに見舞われます。

 

 

 

 

 

実は通ろうと思っていた道が雪で閉ざされ

 

 

 

帰り道が分からなくなってしまったのです。

 

 

 

 

 

そしてハイキングと地図のにらめっこに疲れ

 

 

 

ベンチに腰を下ろした彼の前に

 

 

 

客人があらわれました。

 

 

 

それがこの猫です。

 

 

 

 

アルプス山脈を後ろに

 

 

 

神々しくたたずむ姿はまるで

 

 

 

『神の使者』のよう。

 

 

 

 

 

この猫はベンチに座り込む

 

 

 

男性の周囲を歩き回り

 

 

 

 

まるで『迷ったのか、付いてこい』

 

 

 

 

とでも言うように彼を

 

 

 

じっと見つめたのだとか。

 

 

 

 

そして彼が猫に従って歩き始めてからも

 

 

 

ちゃんと付いてきているか気に

 

 

 

するそぶりを見せるのです。

 

 

 

 

そんな人懐っこい神の使者に語りかけながら

 

 

 

歩いて行った彼は、いつの間にか

 

 

 

宿につながる道へと辿り着いたそう。

 

 

 

 

 

見知らぬ猫に助けられるという

 

 

 

おとぎ話のような体験をしたこの男性。

 

 

 

 

 

素敵な思い出になるようにと

 

 

 

猫との写真と映像を残しました。

 

 

 

 

そして3年の月日が経ち

 

 

 

本当の驚きはそれからでした。

 

 

 

 

スイスで猫と出会って、3年後の2016年8月に

 

 

 

 

男性は何気なくReddit(レディット)

 

 

 

という掲示板サイトに猫に助けてもらった

 

 

 

エピソードと共に写真を投稿。

 

 

するとなんと、

 

 

 

 

『自分もその猫に出会った』

 

 

 

 

という掲示板読者が何人も現れたそう!

 

 

 

 

そのうちの一人が掲示板に投稿した

 

 

 

画像は猫のポーズまで同じで

 

 

 

 

『立ち姿はコレで!』と

 

 

 

言わんばかりの姿だったとのこと。

 

 

 
そしてさらに掲示板には

 

 

ギンメルヴァルトのとある宿で飼っている猫

 

 

ではないかという情報も寄せられていました。

 

 

 

 

しかし、挙げられた名前を頼りに

 

 

 

筆者もその宿のホームページを

 

 

 

見てみましたが、黒猫の写真は

 

 

 

見つかったものの、その猫の姿を

 

 

 

見つけることはできませんでした。

 

 

 

少し残念に思う所もありますが、

 

 

 

そうやって謎な部分が残っていたほうが

 

 

 

ロマンがありますね☆

 

 

 

 

l_e_company_60

 

まとめにもどる

 

 

 

 

 

記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL