【小島監督】『デス・ストランディングは失敗しない、最高傑作になる』【最新作】

数々の『メタルギア』シリーズを手掛けてきた

 

 

小島秀夫監督の最新作

 

 

『DEATH STRANDING』(デス・ストランディング)

 

 

 

のコメントが発表されました。

 

 

 

小島秀夫監督とは?

 

 

 

 

 

 

 

小島 秀夫(こじま ひでお、1963年昭和38年)8月24日 – )は、日本のゲームクリエイター実業家コジマプロダクション代表。

コナミデジタルエンタテインメント執行役員副社長、エグゼクティブコンテンツオフィサーを歴任。開発チーム小島プロダクションの監督を務めていたが、2015年12月15日付けでコナミを退社。

コナミ時代は「小島プロダクション」「小島」が漢字表記。新会社は「コジマプロダクション」で、全てカタカナ表記。

引用元:wikipedia

 

 

 

以下、小島監督によるコメント。

 

 

 

最新作の『デス・ストランディング』は

 

誰も見たこともないような全く新しいゲームであり

 

自身の最高傑作になる。

 

 

 

 

技術の向上により

 

今まで以上にゲームに

 

感情表現を差し込むことが可能になった。

 

 

 

 

現実の人間が与えるより、

 

ゲームやオンラインがプレイヤーの

 

感情を簡単に揺さぶることが可能になった。

 

 

今後出てくるVRはゲームだけでなく、

 

生活自体を一変する可能性を秘めている。

 

『デス・ストランディング』では妥協や諦めたりは一切しない。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの期待を高める発言ですが、

 

 

悩むものがなくなった小島監督には

 

 

実現できることでしょう!(∩´∀`)∩

 

 

最新作は期待大ですね!!

 

 






 

 

 

 

l_e_company_60

 

まとめにもどる

 

 

 

 

記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【涙!!】涙腺崩壊画像集!!感動する画像を集めてみた!

 

 

 

 

 

 

 

 

【白猫プロジェクト】ついに白猫キャラが一番くじに登場!!

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL