【涙腺崩壊】 シロ

 

 

ウチには、シロという名前の雑種の犬がいました。

 

長い白の毛がふわふわしてる犬でした。

 

私が学生の頃、学校から帰ってくる時間になると、毎日

 

通学路が見える場所に座って、

 

遠くから歩いて来る私を待っていてくれる利口な犬でした。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-35

 

それから10年程たち、

 

家族は引っ越さなければならなくなりました。

 

それは庭の狭い小さな家でしたが、

 

 

もちろんシロも一緒です。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-36

 

しかし遊ぶ庭が無く、17才という年齢もあって

 

引っ越してから間もなくして、

 

シロは足腰が弱り歩けなくなってしまいました。

 

しだいに目も白内障になり、

 

耳も遠くなりました。

 

そして人間の認知症と同じでしょうか、

 

朝晩の区別がつかず夜中に大声で吠えるようになりました。

 

狭い住宅地では苦情が来た事も

 

一度や二度ではありませんでした。

 

しかし外でしか生活した事のない犬を狭い借家に上げるわけにもいかず、

 

どうする事も出来ませんでした。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-38

 

 

それから半年後の寒い冬の日、

 

シロはひっそりと息を引き取りました。

 

18才の誕生日の前の日でした。

 

いろんな気持ちが入り交じって、

 

涙が止まりませんでした。

 

翌日焼き場に行きお焼香をし、

 

最後のお別れをして火葬の厚いドアが閉められた時、

 

目に浮かんだのは、

 

帰りを待っていてくれたあの姿。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-39

 

待ち遠しくソワソワし、

 

一点を見つめていたあの姿。

 

 

急ぎ足で帰った通学路。

 

シロ本当に心からありがとう。

 

安らかに。





この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL