【涙腺崩壊】 とおしゃん

 

 

今日、息子が俺を

 

『とおしゃん』と呼んだ。

 

息子は成長が遅れ気味かもしれないと

 

先生から言われていた。

 

言葉も遅かったから、

 

不覚にも息ができなくなるくらい泣いた。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-7

 

嫁か息子を選べと言われたとき、

 

最後まであきらめずに運にかけてみようと言ったとき、

 

実は内心、楽観的だった。

 

医学は発達しているし、嫁の病気での致死率は何千人に一人だし。

 

育たないかもと言われた俺の息子は

 

臨月まで何の問題もなく育った。

 

 

それでも息子の誕生日は、

 

嫁の命日になった。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-8

 

嫁を選んでいればと考えない日は無かった。

 

正直に言うと今でも時々考える。

 

でも、こうゆう日は息子を選んだこともまた幸せなんだと。

 

心の底から思う。

 

 

さあ、今度は『お母さん』って言葉を教えてあげよう。

 

酒飲みながらこんな事書いて、

 

何してんだろう俺は。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-9





この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL