【感動】世にも悲c物語#4

 

彼女

 

 

俺には可愛い彼女がいた

性格は素直でスタイルも

良かったが、周囲からは

 

『え?wあの女と付き合ってんの?

wwwお幸せにwww』

 

とよく馬鹿にされた

 

 

 

 

 

彼女は頭がものすごく悪かった

高校を中退し、通信制の学校を

4年間かけてやっと卒業、

まともな職にもつけず、日雇いバイトで

毎日を繋ぐどうしようもない女

おまけに中学時代から

周りの男に騙されては

性欲処理に使われていた

友人の紹介で彼女と

付き合い始めたのだが

これは彼女が妊娠しても俺に

責任転換できるからという算段だったそうだ

 

 

付き合って1年は仲良く過ごしていたが、

やはり彼女と一緒にいるの

が恥ずかしくなっていった

周りの目を気にしていたのは言うまでもない

彼女は俺に甘えたり、

気を引こうとしていたが、

それも逆にウザく感じていた

大学で良い結果がでないことで

イライラしていた俺は

彼女に冷たくなっていった

 

 

ある日、胃腸炎で寝込んだ

俺の家に彼女が来ることになった

嫌な予感はしていたが

すべてそれは的中した

皿は割る、洗剤はこぼす

洗濯物はぐちゃぐちゃ、料理はまずい

 

 

 

 

そして俺の一番大事なエンタープライズの

プラモ(戦艦)をぶっ壊したことだ

棚を掃除しようとして落っことしたらしい

俺はブチ切れた

 

『ふざけんなよ!!

何しに来たんだ!しね!帰れ!』

 

と叫び彼女を突き飛ばした

彼女は泣きながら『ごめんね』と

呟いて玄関に消えていった

 

 

それから一週間後、彼女は

交通事故にあった

連絡を受けて病室へ入ると、

医者が『ご家族の方ですか?』と言ってきた

俺は首を横に振った

『お友達?よかった、ご家族の方と

連絡が取れなかったんです』

 

そういって医者は彼女の酸素マスクを

取って一言残して部屋を出て行った

 

『手を尽くしましたが、今夜が最後です』

 

どれだけ時間が経っただろう

深夜になり彼女が目を覚ました

ボロボロになった目から

血が混ざった涙がこぼれた

 

 

 

 

『ゆう君・・・』

彼女は俺の手を握った

もう力も入っていなかった

『・・・ゆう君のこと考えてたら・・・

信号みてなかった・・』

 

『・・・ゆう君の家、

また行っていい?仲直り・・・』

 

「いつでも来い・・・元気になったら・・・」

 

彼女は笑った

 

『ゆうくん・・・』

 

「・・・料理も掃除も全部教えてやる、

だから早くケガ治して、」

 

彼女は亡くなっていた

 

 

 

そのあとのことはよく覚えていない

気づいたら彼女は棺桶の中だった

家族や親族は冷めた表情だった

悲しんでいる人は誰一人いない

 

「めんどくせえなあ」と

愚痴るやつもいた

 

後日俺は、彼女の家を整理しに行った

ボロボロのアパートで部屋も狭かった

 

相当質素な生活をしていたんだろう

机の上に日記帳が置いてあった

開けて読んでみると下手な字で

俺との出来事が書いてあった

 

日付は交通事故の前日で止まっている

 

俺は涙が止まらなかった

 

 

『ゆうくんの大せつなエンターぷらいずを

プラモデルやさんでつくった。

みせの人に手つだってもらったけど、

じょうずに出来たかな?

あしたはこれを持って

ゆう君の家にいこう。

料理もそうじもべんきょうしたから

ゆう君よろこんでほしいな』

 

 






 

 

もし願いが叶うのなら・・・

 

この愚かな俺にもう一度だけ

彼女に会わせてほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

l_e_company_60

 

まとめにもどる

 

 

 

 

記事一覧

 

 

 

【海外】現役高校生たちがイケメン過ぎる件wwwwww

 

 

 

 

『死にたい、辞めたい』が簡単にできない理由を表現したマンガが的確過ぎてツラい・・・

 

 

 

 

【ネコ注意】ちょっとエッチな『袋とじ』が話題にwwwww

 

 

 

 

【悲報】Twitter民『まだ元カレの写真残ってた』→衝撃の展開へwwwwww

 

 

 

 

【悲劇】サムスン製スマホさらに爆発するwwwwww

 

 

この投稿へのコメント

  1. ケツの穴にメスシリンダー 2016年10月27日 9:45 PM

    この男クソすぎて、途中から読みたくなくなったわい

  2. サッカー大好き男 2016年10月30日 4:02 PM

    やっぱり人は大切な人や物が無くなってから、そこで初めて気付くし、後からあんなこと言わなければとか後悔してしまう..多分この記事は無くなる前..失う前..じゃなくて普段からしっかり周りの人と陰日向なく付き合って欲しい‼向き合って欲しいって事なのかなっと思う。

  3. わろたw 2016年11月7日 9:12 PM

    いやいや、世の中にはもっと素晴らしい行いをしてるのに運が悪く病気や事故で無くなる女の子もたくさんいるからね?

    あと、この男亡くなってから、そういうことを言うのは
    せこすぎw w w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL