コナンに麻酔を打たれまくる小五郎は大丈夫?→麻酔科医に聞いた結果wwwww

 

 

ですよね…(;´・ω・)

 

 

未だ連載の続く人気作

名探偵コナン

このコナン君のお約束ともいえるシーンに

毛利小五郎が麻酔を打たれ

コナン君が変声機で代わりに喋るという場面が(‘ω’)

 

この麻酔の影響を麻酔科医に聞いたところ

衝撃的な内容が明かされたらしい…

5a9f2cf8-696f0f2a79f750ee3cac0a001c9949fb

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

麻酔を打たれまくっている小五郎は大丈夫?

という素朴な疑問

この質問に答えたというのが

こちらの麻酔科医

 

 

 

 

松本克平先生(‘ω’)

様々な経歴を経た後

日本麻酔科学会指導医という

物凄い立場にいる先生らしい(゜o゜)

7837ce0e-sample-5174

 

 


 

 

前提としてコナン作中の時間経過は半年

その半年間で麻酔を

打たれた回数は50回!(゚Д゚;)

 

これは週に3~4本

打たれてることになるみたい

 

しかもその麻酔は人間を一瞬にして眠らせ

”ゾウでも30分は寝ている”

という超強力な代物!((+_+))

5fd455d5

 

 

 

 

このペースでそんな麻酔を打たれたら

人間はどうなってしまうのか?

先生の答えはと言うと

 

「どうなるってそりゃあ…
まぁ結果的に言ってしまうと…」

「死にますわな」という回答が!(;´Д`)

50fa80e4-sample-5122

 

 

 

 

長い間麻酔として使用された

”ケタミン”という麻酔薬だった場合

これで成人男性を30分眠らせるには10ccほど必要

 

ゾウを30分ともなると

単純計算で1リットルは必要らしい(´◉◞౪◟◉)

 

こんな量を人間に打てば

当然のように迎えるのは死

8f2c5ad1-sample-5093

 

 

 

 

更に彼の身体には

50本の麻酔針が刺さったまま…

 

そのどれかが血流に入り

肝動脈や心臓

頭の中などに行くと完全にアウト!(;´Д`)

 

小五郎には常に死のリスクが…

27155e41

 

 

 

 

結果として分かったのは

あの世界でなければ

間違いなく死んでいるという事

 

麻酔科医の先生からしても

一瞬で寝る上に中毒性無し

 

さらに針は体内に吸収されて無害というのは

今すぐ使いたい夢のような薬らしい(;’∀’)

d1aeb670-s

 

 

 

 

結論として出たのは

開発した阿笠博士が凄すぎるということ…

 

小五郎は今後

何本の麻酔を打たれるのだろうか(・・;)

4eb2163f-795316b92fc766b0181f6fef074f03fa

 

 

 

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『突っ込むべきは95巻で作中は半年という期間』

 

『それ以前に毎回事件現場にいる奴が怪しい』

 

『首にあれだけ針を刺されることの方が心配』

 

『溶ける糸もあるわけだし、
溶ける針があってもおかしくはないな!』

 

『サラッと「死にますわな」ってワロタ』

『漫画を現実の尺度で考えると、
とても現実離れしているのが

改めて分かりましたね』
『50回しか刺されてないとか嘘だろ』

 

『針が刺さった瞬間パァーと粒子になって
霧散していたシーンがあったような…』

 

『アガサ博士の技術力を甘く見過ぎだ』

 

『そら死にますわな』

 

 

 

 

 

 

死にますわなwwwww

そりゃそうだお、死ぬに決まってるおwwww

あんな麻酔現実では無理だおwwww
imgres

 

 

象が30分寝る麻酔を週に3~4本
これもっと弱い麻酔で良いんじゃないか?
いや無害なら問題ないのか・・・
コナンの世界は魔境だな
20160127002711

 

 

 


 

参考・出典:https://fuminners.jp/journal/entertainment/16146/

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL