【恐怖】自分の精〇を18ヶ月も腕に注射し続けた男が現るwwwww

 

 

なぜなのか・・・(;’∀’)

 

 

ある33歳の男性が

過去一年半にわたり

自分の体液を静脈に

注射していたことが判明する

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

出典:http://imj.ie/semenly-harmless-

back-pain-an-unusual-presentation-of-a-subcutaneous-abscess/

 

 


 

 

アイルランド出身の男性は

 

背中の痛みを治すために

独自の治療法を試していた

 

それは

自分の精〇を毎月欠かさず腕に注射するというものだった

 

 

 

 

患者が重度の腰痛を訴え

病院を訪れた際

男性の右腕は真っ赤に

膨れ上がっていたらしい

 

患者の右腕 ↓

 

f8b64ae4

 

 

 

 

男性は病院を訪れた日

すでに3回分の液を

自分の腕に打っていたそうで

男性患者によると

体液注射を毎月欠かさず

”18ヶ月”続けていたと

 

 

 

 

その為

右腕は大きく固く晴れ上がり

皮下組織内に空気が留まる

『皮下気腫』が確認される

 

ちなみに今回の

自分の体液を注射するケースというのは

今までに前例もない

まあ当然だろう(´-∀-`;)

 

 

 

 

男性は緊急入院となり

抗菌薬静脈内投与を行う

すると

腰痛は改善にむかったそうで

男性は自ら出て行ったらしい

最初から最後まで不思議な人だな(;´Д`)

 

 

 

 

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『完全にイッテマスネ』

 

『うん、こういう人は子孫残さなくていいと思うの』

 

『こいつは体液を血管に流し込むのがなぜ

背中の痛みに効くと思ったんだ?

ググってもそんなバカげた事例出てこないだろw』

 

『とにかくきもちわるい』

 

『飲尿療法よりヤバいな』

 

『世界は広いなぁと思った』

『今までよく感染症にならなかったな』

 

『無意味であることを自ら証明した英雄だな』

 

『うん、こういう人は子孫残さなくていいと思うの』

 

『こう言う人のおかげで新発見があるかもしれんからもっとやってくれ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ 色んな人がいるもんだ・・・

 

 

 


 

参考:http://imj.ie/semenly-harmless-back-pain-an-unusual-presentation-of-a-subcutaneous-abscess/

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL