【驚愕】他人の些細な一言で”頭抱えたり” ”深読みしたり”する人 実は○○の人だと判明

 

 

まさかの・・・(‘Д’)

 

 

他人の些細な一言で

深く考えすぎたり

落ち込んだり

疑心暗鬼になったりする時があると思うが

実はそれは体質だったことが判明

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

 

 

小さい頃から他人の些細な一言で3日くらい頭抱えたり
相手の気持ちを深読みしすぎて疑心暗鬼になったり
悪気ない友人の言葉に苦しめられたり
ストレスに弱いんだけど
それはHSPって言う体質らしい。
いつも“気にしすぎ”って言われ続けてきたけど
体質ってことがわかっただけでとても楽になったよ。

 

 


 

 

まさかのHSPと言う体質だった(゜ロ゜)

 

 

HSPとは

 

 

ハイリー・センシティブ・パーソン(英: Highly sensitive person, HSP)とは、

生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの

造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。

共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、

強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。

HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。

物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを

成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。

エレイン・N・アーロンや他の研究者によると、

HSPは人口の約五分の一を占めるという(男女によって偏りは見られない)。

HSPは感覚データを通常よりはるかに深く、

かつ徹底的に処理しているが、

それは神経システムにおける生物学的な差異によるものだという[3] 。

この特異な性質が発見されたことは、

ある種の人々を見る目が大きく変わるという決定的な帰結をもたらす。

つまり、生得的なシャイさ、社交不安障害、社会的抑制、社会恐怖症、

生得的恐怖症[4][5]、あるいは内向性[6]などとHSPはしばしば混同されてきたが、

それらとは一線を画する性質だということである。

この性質は、HSP測定法という内的・外的に妥当性があることが

確認されている方法よって測られる[6]。

HSPは主に人間を記述するために用いられるが、同様の性質は100種以上の生物にも見られるという[7][8]。

引用:ハイリー・センシティブ・パーソン Wikipedia

 

 

 

 

 

例えば了解です。の一言だけ書かれた

メールの返信を受けた場合

 

非HSPの人は

了解ね おkとこんな感じだが

 

HSPの人は

了解の一言だけ なんか気分を害してるのかな

私からの返信が遅かったかな・・・

色々と考えてしまう

 

 

 

 

気にしすぎな人たち

 

 

 

 

気になった人は自己診断してみよう

これらの項目 12個以上あると

HSP

1つや2つしかなくてもその度合いが極端に強いと

HSPの可能性があるらしい

 

 

 

 

Twitterではこれに共感の声が多数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこういうのもあるとは

知らなかった(;’∀’)

 

 

 

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『体質とは知らなかった』

 

『甘えてんなよ』

 

『精神が弱いだけだろ。筋トレしろ筋トレ。』

 

『特質がわかったからといって

治療法も無いんだから、どうしようもない』

 

『体質だと言われても

まわりの考え方が違う以上一生報われることはないよねw』

 

『1人の人間でも時期によって

なったりならんかったりしてそうやけど』

 

『HSPは生まれつきの治らない体質』

 

『とりあえず筋トレで解決したりする』

 

 

 

 

 

な なるほど

僕がいつも気にしてたこれは

体質だったのか・・・

 

 

しかし体質だったと分かったところで

的確な治療法もないしどうしたらいいんだ

 

 

 


 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL