【悲報】加工された画像を元に戻すツールが開発 自撮り業界終了のお知らせ

 

 

なんて悪魔的なツール(´;ω;`)ブワッ

 

 

画像編集ソフトウェアで有名な

『Adobe Photoshop』

 

上手く使うと画像の原型をとどめない

レベルのスーパー魔改造ができるほどの

有名なソフト

 

しかし

Photoshopで加工された画像を

ニューラルネットワークを用いて

判別する試みをAdobeが自ら行っている

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

出典:https://news.livedoor.com/article/detail/16623394/

 

 

 

 

Photoshopの

開発元であるAdobe

1990年にリリースされた

Photoshopが創造性と表現を民主化するための

大きな一歩につながったと主張

 

 


 

 

それ以来

Photoshopが視覚表現の分野で

大きな影響を与えていたことを誇っていますが

同時に

画像編集で生み出された偽の写真や

コンテンツが数多くの問題を

引き起こしてきたことも自覚している

 

 

 

 

Adobeはデジタルメディアにおける

信頼性を高めるために

人工知能(AI)などの新技術を用いて

問題を解決する方法を模索

 

 

 

 

Adobeはこれまで特に

画像加工の中でも多い

「表情の調整」や「顔の一部の加工」

といった局所的な画像加工を検出することに

精力的に取り組んでいる

 

 

 

 

そして

今回の研究では

「人間よりも確実に画像加工が行われた部分を識別できるツール」と

「画像加工された部分を元に戻すことができるツール」の

開発に取り組んでいる

 

 

 

 

研究チームは

「画像加工された人間の顔」を

識別できるようにするため

インターネット上の何千もの顔写真に

Photoshopのゆがみフィルターを適用して

「顔の一部が加工された画像」のデータセットを作成

 

 

 

 

さらに、データセットの中の

画像の一部を実際の人間が

Photoshopを用いて加工することで

画像加工に用いられるテクニックの幅を広げ

CNNが「画像加工された人間の顔」を

識別する精度を向上させることに成功

 

 

 

 

調査によると

「加工された画像」を見分ける際の

正解率は人間が53%であるのに対して

研究グループの開発した

ニューラルネットワークを用いたツールは

なんと99%という高い正解率を示した

 

 

 

 

加えて

ツールは加工された画像を元の状態に戻すことにも

成功しており

Adobeによればその精度は

「研究者たちが感動するレベル」とのこと。

 

 

 

 

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/16623394/

 

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『これ作った人の意図が私にはわからない

加工して少しでもかわいい自分でいたい人を

元の顔に戻して笑い者にする気…?』

 

『↑ちゃんと文章読んでる?』

 

『AIが見抜くツールと

AIによって精巧に加工するツールで

イタチごっこになりそうwwww』

 

『これからは本物だけが残るんですね』

 

『素晴らしい研究だと思う』

 

『自撮りの時代は終わった』
『心霊写真とかにも使えるな』

 

『Adobe様さすがっす』

 

『コラ作りが趣味の俺、面白くない』

 

『コスプレーヤーのツイートに復元した

画像をリツイートする遊びが流行ると確信している』

 

『画像戻しまくってブス祭りが開催されるな。

この技術の発展はとても楽しみだ。』

 

 

 

流石Adobe

今後どんな感じで発展していくのか・・・

 

 

Adobeさん あとあれ系の動画の

モザイクをとることもできるのかお?

頼むから死んでくれ・・・

 

 

 


 

この投稿へのコメント

  1. 匿名 2019年9月4日 6:09 PM

    顔で人を選ぶ世界やからこんなしょうもないこと気にしてるんでしょ。
    別に加工しようがどうでもいい、いちいちもとに戻す意味もわからない。
    そんなん開発してる暇あったら他のことにその頭使えばいいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL