【恐怖】お祭りの屋台 めちゃくちゃ闇が深いことが判明

 

 

もう買えない・・・(;’∀’)

 


 

高校生の頃

屋台でアルバイトしていた人が

Twitterでお祭りの屋台の闇を暴露

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

高校生の頃

テキ屋(祭りや夜店の屋台)で夏場だけ

毎年アルバイトしてた。

YouTuberのヒカルとかがクジに当たりが

入ってないとかの動画を公開して物議を醸していたが

あれは我々の中では常識である。

本当はさらに闇が深いのでそれを暴露していこうと思う。(続く)

 

 

 

 

 

まずテキ屋の運営者はだいたいヤ○ザである。

上司(以降A)がとにかく怖い

すぐ殴ってくる。

私はキチガイの父親がいたおかげで

対応力があったのか

数えられるほどしか手を出されてないが

どんくさいやつはばんばんしばかれる。
アルバイトに来るのもクソヤンキーばかり。
(続く

 

 

 

 

 

バイトの初日

奈良県のどこかの祭りに向かってる途中。

弁当のゴミを車の足元に置いていた。

すると

「そんなとこに置くな!車が汚れるやろが!

窓から捨てろボケ!」とAにめちゃめちゃキレられた。

 

確かにAは食べかすとか残った状態の

弁当なども窓から高速道路にばんばん捨てていっている。(続く)

 

 

 

 

 

 

そして続けて

「おい新人、お前よく覚えとけよ

“地球はゴミ捨て場”や、」と初日から名言をいただいた。

 

私はそういう教育を

受けていなかったので衝撃だったが

やってみると背徳感と爽快感が混じって気持ちいいのだ。

こうして徐々に道徳心が崩壊していったのである。(続く)

 

 

 

 

 

そんな感じなのでいく先々でモメるが

暴力的な背景で全て突破していく。

飲食店に2、30人で入っていくと他の客が

いっせいに帰っていくとかもザラにあった。

そしてもうボス(以降B)が

見た目からしていかつすぎる

ムキムキの体に茶色いスーツで

サングラスにオールバックのロン毛。(続く)

 

 



 

 

 

ベビーカステラやお好み焼きに

入れる水を忘れて

紀ノ川祭りという現場に来てしまったことがある。

 

どうするのかなと思ってると

Aはバイトを集めて

 

「川の水汲んでこい、Bに絶対言うなよ

お前ら絶対食うなよ腹壊すぞ」などと言っている。

 

その祭りで提供した全ての水は川の水であった。(続く)

 

 

 

 

 

食材一年前から凍らせてたの

使ったりりはザラだし

電球に虫が当たって焼きそばなどに落ちてくるし

 

鉄板や氷やなにもかも

衛生管理はむちゃくちゃ。

 

テキ屋で食べ物は買わないほうがいいし

買うときはよく注意したほうがいいと個人的には思う。(続く)

 

 

 

 

 

それでもどうしても食べたい場合は

祭りが終わってテキ屋が片付けを

始めてる頃に行けばいい。

 

可愛い女の子ならほぼ100%無料でもらえる。

どうせ今から捨てるから。

 

男でも100円払うとか言えばだいたい無料でくれる。(続く)

 

 

 

 

 

くじ引きだが

はっきり言って当たりなど無い。

 

まあ売上から試算すれば当然なのだが

プレステやらブランド品やらが当たるわけはない。

 

私がやってたところでは

ビニールのピカチューとかの人形だけが

唯一あたりを少し入れてた

原価めちゃ安いから。(続く)

 

 

 

 

 

このタイプのクジって今もあるのか知らないが

 

「く」の文字がめくるとこより

微妙に下にはみ出てるものが50以下で

はみ出てないものが51以上という感じ(逆だったかも)だった。

 

そして当たりは全て

51以上にして50以下のものばかりを入れておく。(続く)

 

 


 

 

 

そして本当に当たりが

入ってるんかとか疑う奴が現れたら

1つ51以上のものを手に仕込んで

5枚目くらいで当たりが出るように実演する。

 

ヒカルが私のところに来ていたとしたら

全部めくられるとしても最後のほうで当たりを出して

住所を書いてもらって後日郵送しますなどと言って対応したはず。(続く

 

 

 

 

 

あとさっきの川の水で

作ったお好み焼きやらカステラやらの話だが

 

Aが「絶対食うなよ、当たるぞ、

クジの代わりにこっちが当たりやガハハハ」

 

などと言っていたのを思い出した。(続く)

 

 

 

 

 

クジ引きでバイトが間違えて

当たりを出してしまったことがあって

すぐに「今の間違い!」とかって

取り上げたときに子供がギャン泣きして

イカツイ父親がクレームを

言いに来たことがあった(当然だが)。

 

そこにBが「なんかゆっとるやつおるんかー」と

現れただけでその父親は逃げていった。(続く)

 

 

 

 

 

写真のような光るブレスレットを

夜店で売ってるのを見たことがあると思う。

 

これは冷凍庫で凍らせれば何回でも使えます!と

言えと教えられていたが

実際は一回しか使えない。

 

騙されたと気づいた

翌日には店は無いし

来年なんか言われても去年と運営が違うと言えばいい。(続く)

 

 

 

 

 

Aは何年もやってるはずなのに

要領が悪かった屋台を閉めて

トラックに積み込んでる時も

そんな積み方やと入りきらんやろなーと

思いながらも指摘すると

殴られるので黙って言われた通りに積んでいく

かなりの肉体労働だが

1時間くらい経ってから

「全部降ろせ」と改めて積み直させられたりする(続く

 

 

 

 

 

この「全部降ろせ」は名言の一つとして

我々の中で長年モノマネされていくことになる。

 

またAはよくBに叱られていて

その後私に「今のオレ悪いか?」と聞いてくる。

 

「いやAさんは全然悪くないです」

 

「せやろ、新谷はよくわかってくれとるわ」みたいな感じで

謎に関係が構築されていった。(続く)

 

 

 

 

 

バイトが寮みたいに

使える3部屋くらいの平屋があって

家出少年少女みたいなのが

ごちゃまぜで住んでた

そこを我々は「アンパンマンの館」と呼んでいた

玄関開けた瞬間シンナー臭いのが

名前の由来である

私はそこに泊まることはなかったが

遊びに行った時も幻覚で龍と戦ってる少女とかがいた(続く

 

 

 

 

 

日当は8000円+食事

(コンビニかレストラン。

テキ屋のものは当たるから食べない)だった。

 

でもバイトはほぼ全員売上を

くすねていたからみんな

実質日当2万くらいあったと思う。

 

Bもある程度抜かれてることを

前提にしてたように思う。

 

6時間くらいの時も

24時間くらいかかる日も変わらず8000円(続く

 

 

 

 

 

まとめると

 

・食べ物は食べないほうがいい

 

・それでも食べたかったら終わり際に

 

・くじ引きはしないほうがいい

 

・光るブレスは買わないほうがいい

 

・テキ屋の人と喧嘩しないほうがいい

 

・熊野の花火はキレイ

 

・バイトは楽しい

 

何か質問ありますか?

 

 


 

 

 

思い出した。

金魚すくいなどのポイ

(すくう紙の網みたいなの)は

4号〜7号というのがあります。

 

4号は絶対破れないレベル

7号は水につけただけで破れるレベル。

通常6号にしておいて

混んできたら全部7号。

張り切ってるお父さんとかには7号を渡し

可愛い子供とかには5号を渡す。

4号は実演用。

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『噂で分かっていたが…

改めて、裏社会の常識は恐ろしい((((;゜Д゜)))』

 

『なんというか、ただひたすらに読んでしまった。』

 

『お祭り、なんも買えない、買いたくない((( ;゚Д゚)))』

 

『祭りのテキヤの食べ物食わないマンでよかった』

 

『無料でこんなにも面白い内容を読ませていただいてありがとう』



 

『長いだけでソース1つもないつまらん』

 

『昭和時代の祭のテキ屋なんてもっと

オラついててヤバかったよまた

半グレが稼ぎどころとして力入れてきてるのかね?』

 

『ダンボールに直にやきそばの麺入れてるの見て引いた』

 

『子供の頃、屋台のおっさんが

公衆便所の水道から水取ってるの見て以来

屋台で食い物買わなくなった』

 

『奈良の祭りに来るテキヤなんて

ヤクザとBのイメージしかねえし そんなもんだろ』

 

 

 

色々とやばいと聞いていたけど

ここまでやばかったとは・・・

 

こんなの見たら

もういけねぇ・・・

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL