映画館の手違いで名探偵ピカチュウじゃなくホラー映画が上映←子供大泣きの事件にwwwww

 

 

こんなことが・・・(;’∀’)

 


 

ある劇場で今月10日

手違いにより

『名探偵ピカチュウ』ではなく

ホラー映画が上映される出来事があった

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

出典:https://www.thegamer.com/hundreds-children-

terrified-movie-theatre-plays-la-llorona-instead-detective-pikachu/

 

 

 

 

愛くるしいピカチュウ目当てに訪れた子供らが

阿鼻叫喚する現場になったようです。

 

事件が起きたのは

モントリオール市内の映画館Cinémas Guzzo。

この日

ピカチュウの活躍を目当てに

何百人もの子供が劇場に足を運んでいました

 

 

 



 

 

映画本編の上映前から違和感が続きます。

予告編はなぜか

『アナベル 死霊博物館』

『チャイルド・プレイ』といった

真性ホラー作品ばかり。

血や殺人、びっくり系のホラー演出が無垢な少年少女に

衝撃を与えたのは言うまでもないでしょう。

 

『名探偵ピカチュウ』上映前から

劇場内では子供たちの泣き声が響いていたようです。

 

 


 

 

そして満を持して上映されたのは

ホラー映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』

 

大勢の子供がピカチュウの登場を今か今かと見守るなか

大画面に映し出されたのは

母親が子供を川に沈めるショッキングなシーンでした。

 

 

 

 

 

ここで劇場側も間違いに気づき

上映を一時中止。

観客は『名探偵ピカチュウ』が流れる

別のスクリーンに移動させられたのでした。

 

ピカチュウの映画は本編途中で一時停止中だったため

スクリーン指定のミスだったのかもしれません。

『ラ・ヨローナ~泣く女~』を観に行った観客が

『名探偵ピカチュウ』を見せられていた可能性もあります

 

間違いに気づき笑いに包まれる劇場の様子 ↓

 

 

 

 

 

 

子供はトラウマだろうな(´;ω;`)ブワッ

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『素晴らしいミスだな

しかしなぜこんなことが起きるのか』

 

『大人のみんな笑ってて草』

 

『これがアメリカなら集団訴訟に発展してたな。

みんな笑って済ませてるっぽいし。ある意味カナダで良かったな』

 

『子供がPTSDになったで映画館を訴えるまでがテンプレ』

 

『みんな爆笑してるじゃんw』


 

『申し訳ないけどこれは笑うw』

 

『申し訳ないが、これ観せられて

おびえる子供達の表情を想像したらわらいまくったわ』

 

『いやぁ映画って本当にいいものですね』

 

『もっと怖いのかと思ったらB級臭がプンプンする』

 

『常在戦場の精神を子供に植え付けていくスタイル』

 

 

くそわろたwwww

気づいた親が笑ってんじゃないかおw

 

子供からしたらトラウマだろうな・・・w

 

 



 

引用:http://yurukuyaru.com/archives/79817663.html

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL