【朗報】マインクラフトで”最新の影MOD”を適用した結果 別世界になってしまうwwwww

 

 

すごすぎる(‘Д’)?!

 


 

PC版のマインクラフト

最新の影MODを適当した結果・・・

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

最新の影MODを適用した

PC版マインクラフト

あまりにもリアルで美しいため

ネットで話題にだっている

 

 

 

 

『Minecraft』(マインクラフト)は

Notch(マルクス・ペルソン)と彼が設立した会社

Mojang ABの社員が開発したサンドボックスゲームである。

サバイバル生活を楽しんだり

自由にブロックを配置し建築等を楽しむことができる

コンピュータゲームである。

日本では一般的に「マイクラ」と略される[6][7][8]。

2018年初頭の時点で、全てのプラットフォームでの

販売が累計1億4400万本を突破した[9]。

2019年までに3000万アカウントがPC版で売り上げられた。[10]

引用:マインクラフト Wikipedia

 

 



 

 

MODとは

MOD(モッド)とは、PCゲームのデータの改造や

追加を行うユーザー製のデータやファイル

またそれらを適用したゲームのこと。

広義ではカスタムマップやスキンなど

ユーザー製のデータ全般も同様に呼ばれている。

MODを導入する前のオリジナルの状態をバニラ(Vanilla)という。

ゲーム内のテクスチャー、モデルの差し替えをはじめ

マップやアイテムなどの新規追加

ゲームバランスの調整やバグ修正、ローカライズ…

などMODの種類は多岐にわたり

大型のものであれば元のゲームにはなかった

オンライン対戦機能の追加や

オリジナルのゲームのグラフィックエンジンや

物理エンジンなどの基本システムを用いて

全く別の新しいゲームが作られることもある。

引用:MOD ニコニコ大百科

 

 

 

 

最新の影MODを適用したマインクラフト ↓

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

なんだこれは

もはや別ゲー(;’∀’)

 

なにも適用してない 普通のマインクラフト ↓

 

 

 

 

 

こちらは、有名な影MODシェーダー

『Sonic Ether’s Unbelievable Shaders(SEUS)』

最新ベータ版を適用したもの。

 

光の反射や影を正確に描く

「パストレーシング」と呼ばれるレンダリング技術を

用いることで

実写に近い描写が可能になりました。

 

床や壁に映る光の陰影が非常にリアル

まるで高クオリティなCG映画を観ているかのよう。

動画を投稿したユーザー

notglacier氏は「マジでちびるわ」

ビジュアルに驚愕。

ツイッターでは3.3万件を超えるいいねを獲得しています。

引用:http://yurukuyaru.com/archives/79451640.html

 

 

 

 

しかしこの影MODを適用した

マインクラフトを動かすには

そうとういいPCじゃないと無理なのでは・・・(;´Д`A “`

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『これほんと?あのもさっとした感じが嫌で

やったことなかったけど、これならやるかも』

 

『ちょっとはやっては飽きそしてまた違うMODを入れてやりたくなるからな』

 

『そりゃ3Dってもんはレンダリングで光の反射や透明感

質感を演算すりゃ綺麗に見えるが

お高いマシンとグラボがなきゃ演算速度遅くて

カックカクどころか、動かなくなるぞ』


 

『技術の遅れた3DCGソフトよりゲームのほうがきれいだな。』

 

『しかしこれ実現するのに相当なマシンパワー必要だろw』

 

『↑「GTX1070Ti」で25〜40fpsだと

俺のパソコンだと動きもしないかな』

 

『ゲームに革命が起きるレベルの綺麗さだな』

 

『う、美しい』

 

『2080なら60fps安定しそうだな』

 

『重いなぁ(笑)需要としては風景の再現とかだろうか

普通にゲームするには不必要かな。』

 

 

なんだこれはw

リアルすぎだお さっそく適用してやってみるお

 

あれ 適用した瞬間 PCが・・・

 

僕たちのPCじゃダメでした

 



 

 

参照:http://yurukuyaru.com/archives/79451640.html

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL