テニスの王子様最新話 忍法を解禁してめちゃくちゃな展開になってるwwwwww

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 


 

新テニスの王子様の公式Twitterで

最新話が公開される

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

 

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。

1998年41号掲載の読切を経て、1999年32号より連載開始。

2008年14号の終了まで約9年間連載された。

さらに2009年3月から第2シリーズ『新テニスの王子様』(以降『新-』)として

『ジャンプスクエア』にて連載再開。通称「テニプリ」。

単行本(初代)は全42巻。公式ファンブックは、10.5巻、20.5巻、40.5巻。

イラスト集は、30.5巻。『新-』では単行本は既刊26巻。

話数カウントは初代は「Genius-」、『新-』では「Golden age-」。

2011年9月時点でシリーズ累計発行部数は5000万部である[1]。

テニスの名門中学校に入学した主人公の越前リョーマが、テニス部に入部して

全国大会優勝を目指して団体戦で試合を勝ち上がっていくというストーリー

(なお、個人戦の描写は全く登場しない)。テニスを知らない人でも

理解して読めるようにルールの説明や解説が入っている。

また、連載当初は実際にテニスプレイヤーが使える技を描写していた。しかし

途中から奇抜な技を中心に試合が進む漫画に路線変更し、

特に26巻にて主人公が無我の境地を会得してからは人間離れした技の描写が顕著になる。

また、相手に打球を当てて試合続行不能にさせるなどの試合描写も目立つようになる。

メディアミックスが多数行われており、2001年から2005年にかけての

テレビアニメ化を皮切りに、CD化、TCG化、ゲーム化(2009年現在継続中)

2003年からはミュージカル化(2018年現在継続中)、2006年には実写映画化と

テレビアニメの続編のOVA化、2008年には中国で実写ドラマ化がなされた。

この展開に関連し多数のグッズがムービック・アニメイト・コナミより発売。

女性をターゲットにした商品展開[2]が功を成し

この結果キャラクターグッズ売り上げの年間トップを独走する[3]人気ジャンルとなっている。

テニスの王子様のモデル(参考)の一部となったのは東京都の立教中学校(現:立教池袋中学校)。

1998年41号の読み切り連載時に、最終ページにある作者コメントにも

取材協力に対しての感謝のメッセージが書かれている。

立教中学校は1997年に全国中学生テニス選手権大会で団体優勝している。

色々な説があるが、主人公の越前リョーマのモデルは早稲田大学出身の羽石祐。

実写版の映画を撮っている際、作者の許斐本人が証言している。

男子プロテニス選手の錦織圭は小学生の頃から本作品を愛読していた[注 1]。

引用:テニスの王子様 Wikipedia

 

 

 

 

新テニスの王子様

公式Twitterが

最新話を公開するが

内容がとんでもない展開で

Twitterユーザーは???状態

 

 

それがこちら ↓

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

もう一体どうなって・・・

 

 

これを見たTwitterユーザーの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一体 これからテニプリは

どこへ向かうのか(;’∀’)

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『まじで意味分からんすぎて草も生えない』

 

『ナルトかな?』

 

『どういうことだってばよ』

 

『忍んでる場合じゃねえーー!!は笑う』

 

『まったく続きが気にならない』

 


『なに目指してんだよ』

 

『テニスとは(哲学)』

 

『テニスの漫画だよね・・・?』

 

『終始意味が分からんかった』

 

『このギャグ漫画おもろいやん』

 

 

?!?!?!??!

 

 

・・・?

 

 

・・・!!?

 

 

????

 

 



 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL