【悲報】NASA『我々が生きてる間に小惑星が地球に落下する』 地球終了のお知らせ

 

 

終わってしまうのか・・・

 

 

アメリカ

航空宇宙局NASAのジム・ブライデンズティーン長官が

先月30日にワシントンで開かれた

地球防衛会議に出席

『そう遠くない未来に小惑星が飛来する可能性が高い』

明かしていたことが判明

 

 

 

 

詳細はこちら ↓

 

 

 

出典:https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/

article-6974075/NASA-chief-warns-asteroid-crash-Earth-lifetime.html

 

 

 

 

ジム長官

『これはハリウッド映画の話などではなく

事実であるのだということを

私たちは受け止めなければなりません。

極めて例外的な出来事だと信じたい方々もいるでしょうが

そうではないのです』

 

 

 

 

地球への小惑星や巨大隕石の飛来は

60年周期で起きていて

 

過去100年間で

既に3回も発生しているとして

対策の必要性をアピールしていた

 

 



 

 

ジム長官はさらに

現在取り組んでいる

『DARTミッション(二重小惑星進路変更テスト)』について

 

小惑星にロケットをぶつけて

軌道の変更を試みる計画

 

 

2022年に実験をすることが決まっている

 

 


 

 

2013年にはロシア連邦チェリャビンスク州で

隕石落下が確認されました。

 

 

飛来した隕石のサイズは直径17mあり

凄まじい衝撃波により1600人以上の怪我人を出しています。

 

この隕石によって引き起こされた爆発は

原子爆弾の20倍の威力と見られており

衝撃波で割れたガラスを浴びたり

中には隕石の破片に直接当たった人もいたようです。

 

 

 

 

ジム長官

『この日さらに大きな隕石が地球を通過していました。

絶滅した恐竜には宇宙計画がありませんでしたが

我々人類にはあります。それを使わなければならないのです』

 

 

引用:http://yurukuyaru.com/archives/79744894.html

 

 

 

本当にやばい奴だ(;’∀’)

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応

 

『NASA長官が言うならマジだわ』

 

『「○○年以内に起こる」つっても特に

根拠があるわけじゃないんだろ?』

 

『地球脱出計画はよ』

 

『「だからもっと予算を寄越せ」ってか?』

 

『もし本当に落ちたら

地球も人類史もそれまでよ。潔く諦めよう』

 

『ツングースカといつだかのロシアの隕石の件を

考えるとまあそうだよなって思う。 天災だものね。』

 

『予算確保のためには危機感を煽るのが一番』

 

『別に明日おちてくれても個人的には一向に構わない』

 

『地下シェルター作っとくべきか?』

 

『ロシアの隕石落下の後に大火球を目撃してから

この手のニュースはわりと本気に思っている』

 

 

小惑星が地球に衝突するかもってまたこの手の話しかお

一体どこの預言者が・・・

 

 

まさかのNASA

本当にやばいかも

 

 



 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL