コンクリートの鳥に恋をした”カツオドリ” 長年の愛が実らず隣で寄り添うように死んでいるのを発見・・・

 

 

これは悲しすぎる(´;ω;`)

 


 

人間にも色んな恋があるように

他の動物にも色々な

 

恋の形があるようだ・・・(。・ω・)

 

 

ダウンロード

 

 

そんな話が切ないと

話題になっているらしい・・・

 

その内容がこちら・・・

 

麻薬探知犬さん 優秀すぎて麻薬組織に狙われる・・・
(詳細はタップ)

 

 

ニュージーランド北部の

マーナ島にて・・・

 

カツオドリを引き寄せるために

80体のデコイを設置したらしい・・・

 

その努力の甲斐があってか

2015年に一匹のカツオドリが

 

飛来してきた( ´∀` )

地元ではそのカツオドリを

 

ナイジェル(Nigel)と

名付けられたそうだが・・・

 



 

2f40a8b5

 

 

そこにはナイジェル以外

他に本物の仲間はおらず

 

なんと一体のデコイに

恋をしてしまったらしい(; ・`д・´)

 

 

 


 

動かないデコイに必死に

もてなすように海藻や小枝で

 

巣を作り日夜耐えず求愛行動を

続けていたようだ・・・

 

しかしその一途な恋は

最後の瞬間まで実る事はなく・・・

 

ナイジェルはコンクリート製の

デコイと寄り添うようにして

 

死んでいるのが発見されたと(´;ω;`)

 

 

ダウンロード (4)

 

 

更に残酷なことに・・・

実はマーナー島には3匹の

 

カツオドリが島に飛来して

コロニーを形成していたが・・・

 

ナイジェルがいる場所とは

離れた場所だった様子・・・

 

ナイジェルは不動の恋人が

いるため動くことが出来ず・・・

 

傷心したまま息を引き取った(´;ω;`)

デコイを作ったことで

 

本物は来たがそのせいで

切ない恋で命を終えてしまう・・・

 

とても複雑な気分だな・・・(;´・ω・)

 

 

ダウンロード (2)

 

 

 

これを見たネットユーザーの反応は・・・

 

『かわいそうすぎる・・・』

 

『こんなん泣くしかないやろ』

 

『1人孤独に戦って死んでいったのか・・・』

 

『恋してるのにデコイ壊すわけにも
いかないからな・・・ナイジェルが悲しむ』

 

『それでも幸せな一生だったと
願いたいね』


 

『死因が”恋”なんて・・・辛いな』

 

『保護活動家が偽物なんか
作ったからやろ・・・』

 

『保護活動の意味を履き違えた迷惑行為』

 

『これを機にデコイは全部
破壊しようか・・・』

 

『結局は人間のエゴで生物を一匹
殺してしまったんだろ』

 

 

なんて悲しいお話だお・・・
来世ではいい恋を
して欲しいお・・・
1510895402313

 

人間の都合でデコイを
作りすぎるのも考え直したほうが
いいのかもしれないな・・・
download

 

参考:https://www.theguardian.com/world/2018/feb/02/nigel-lonely-new-zealand-gannet-dies-concrete-replica-birds

 



 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL