【悲報】熱中症対策にスポーツドリンクや塩アメは危険だということが判明し話題に・・・

えぇええ・・・マジかよ:(;゙゚”ω゚”):

 

今や夏の熱中症対策の定番ともなった

 

「塩分チャージのタブレット」や「塩アメ」。

 

最近はいろんな味のものが販売されていますし、

 

美味しくてついつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。

 

img-detail-solt_candy-thumb-autox354-201[1]

 

そんな中、熱中症対策に良いと言われていた

 

スポーツドリンクや塩アメが実は危険だと

 

いうことが判明し話題となっていますので

 

ご紹介したいと思います!(゚Д゚)ノ

 


135492662610913117047_jojo32_okuyasu01[1]

 

その内容がコチラ↓↓↓

 

P6263342[1]

 



sports__mainimage[1]

 

熱中症対策商品の中にはカリウムを多く

 

添加している商品も多くなっているようだ。

 

カリウム過剰摂取の症状

 

・体がだるい脱力感
・めまい
・熱っぽい
・低血圧
・心臓の不整脈など・・・

 

そもそも、塩分不足はまれで、塩タブレットによって

 

血が濃くなってしまうらしい・・・(;・∀・)

 

しかも、私たち日本人は、塩分をふだんから

 

とり過ぎている(毎日10グラム以上)

 

そのため、日常生活でジワジワと汗をかくくらいでは、

 

塩分を補給する必要はないのだ!!(´゚д゚`)

 


98681f3e4ae105ebd9036ff5dfd572e0[1]

wwwwwww

(詳細はタップ)

 

知らない人も多いようですが

 

元々、スポーツドリンクは塩分が多いので



塩系のキャンディ類と

 

スポーツドリンクは一緒に

 

とったら塩分過多で血圧が

 

グーンと上がり超危険なのだ!:(;゙゚”ω゚”):



3eae8f37[1]

 

そもそも、「熱中症」とは・・・
----------------

熱中症とは、体の中と外の”あつさ”によって
引き起こされる、様々な体の不調のこと。

専門的に言えば、暑熱環境下にさらされる
あるいは運動などによって体の中でたくさんの
熱を作るような条件下にあった者が発症し、
体温を維持するための生理的な反応より
生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に
至るまでの、連続的な病態。

引用元:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%AE%C3%E6%BE%C9
----------------

 

o0598033512712403440[1]

 

割と勘違いされやすいところですが、

 

「夏の、屋外に、長時間いると起きるもの

 

『だけではない』」というのが一番重要なところです。

 

室内でも熱中症になります。

 

場所は重要ではないのです。

 

熱中症はいつでもどこでも起きる

 

可能性があるのです。

 

これからの季節気をつけましょう!(゚Д゚)ノ

 


 

 

これを見たネットユーザーの反応は・・・

 

『塩アメ結構食べてたわ・・・』
『手軽にとれるのが長所やけど
これは怖すぎるわ』
『塩分のとりすぎはダメって事か』
『熱中症にはブドウ糖がいいと言われているが
とりすぎは認知症を発症しやすくなるんやで』

 

『普通に塩アメとスポーツドリンク飲んでたわ。』
『元々、日本人は塩分とりすぎてたんかw』
『だからデブが多いんやなwwwww』
『塩タブレット美味しいの多いからついつい食べちゃう』
『これからはスポーツドリンク飲むのやめよう』
『たぶん熱中症対策は帽子ぐらいでいいんだろうな』

 

 

 

こ、これは知らなかったお・・・
マジで危険なやつじゃん。
20170705 (3)

 

 

やる夫!暑いから
熱中症対策にスポーツドリンクと
塩アメ買ってきたぞ!!
2476a03c

 

 

わわわわ、ワイを殺すつもりかぁあああ!
yaruo-016
え?ええええ?なんのこと???汗

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2140437446080483301






この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL