【朗報】今付き合ってる彼氏がいる人 必ずこれを見て

さようなら(´;ω;`)ブワッ

 

 

彼氏と付き合っていて、

 

「もうそろそろ終わりかな」

 

なんと事を思ったりはしませんか?

 

20170701a (27)



どうせ別れるなら

 

後腐れもなくキレイに別れたいですよね(-ω- )

 

ならば・・・ケンカになったり、

 

お互いが引きずりあったりしない。

 

ベストな別れ方をご紹介します(=゚ω゚)ノ

 

画像6-4

 

(以下、本文引用)

 

別れ話を切りだすときに注意したい

 

4つのポイントをご紹介します。

 

 

■1.
普通の人は『別れよう』とだけ
メールがきて『はい分かりました』とはならない。

 

これは最低限のマナーですよね。

 

付き合っていた期間が長ければ長い程、

 

メールや電話での別れは納得がいかない

 

という意見が多く挙がりました。

 


20170701c (56)

 

また、文面だけでは話が上手く行き渡らず

 

余計に話がこじれてしまう可能性も。

 

どんなに気まずくても

 

別れ話は直接会ってするようにしましょう。

 

cad55f5ab0f40d421d0fb69192255735

 

 

■2.
後々面倒くさいことになりそうなので
どんなものでも必ず返すように。

 

借りていたものがまだ残っていると、

 

彼から後に催促の連絡が来るかもしれません。

 

そこでまた連絡を取ってしまうと、

 

一度別れたはずなのにずるずるしてしまう原因に。

 

彼ときっぱり縁を切りたいのであれば、

 

どんな小さなものでも忘れず返却するようにしましょう。

 



20160226160445b4d

 

 

なにやってんだこいつwwwww

(詳細はタップ)


■3.
第三者を介入させない

「別れ話の時に共通の女友達を連れてきた元カノ。
彼女だけでなく女友達からも責められて良い気分はしなかったです。」

 

「元カノの友人からいきなりtwitterで○○と別れてやれよと連絡が来た。
どうやら元カノが色んな友人に相談していたみたいだったけれど
部外者が出てくるのは辞めて欲しかったですね。」

 

nyaruko0508c

 

どんなに仲間内で出かけていたり、

 

グループデートをしたりしていても

 

付き合っているのは当人同士です。

 

関係ない人が登場するとどんどんややこしくなっていきます。

 

なるべく二人だけで解決するように心がけましょう。

 



 


■4.
言い訳をしない

どんなに相手に非があろうと、

 

別れを切り出す方は「悪者」に徹しなければいけません。

 

あくまで「別れてください」と相手に頼む

 

という姿勢を貫きましょう。

 

彼がどんなに怒ったとしても

 

逆切れをしてしまうと別れ話は

 

平行線で終わってしまいます。

 

20170310 (4)

 

別れを切り出された方は少なからず傷付くものです。

 

あまりにも傷が深いと

 

次の恋愛の足かせになってしまうことも。

 

どんな彼であれ一度は好きになった相手です。

 

心の傷は最小限にしてあげることが

 

あなたの最後にできる唯一の優しさなのかもしれませんよ。

 

80fa654599d5d7adacb28bbe28157f90--gadis-manga-taiyou-no-ie

 

引用元:https://laurier.press/i/Howcollect_13706

 



 

ネットユーザーの反応

 

男子
『LINEとかはマジでやめてほしい』
『貸した物がいきなり返って来たら察するな』
『友達が介入するのやめて』
『上から口調で別れろはイラッとするなぁ』
『直接話してほしい』

 

女子
『電話とかメールは絶対後で面倒なことになるよ』
『元カレ別れた後もあれ返せこれ返せって何度も電話きた』
『私よく友達の別れに介入してた・・・まぁ気分悪いよね』
『怖いけど結局は話すしかないんだよ』
『言い訳するより素直に言った方がいいよ』

 

 

 

なぁなぁで別れるんじゃなくて
ちゃんとけじめをつけないとね・・・
ffd1d24a

 

 

お前は別れるとか以前に
出会いを探すところからだろ
ddd83610[1]
そうでした





この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL